満腹ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ なんJまとめブログ

    2015年01月

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/04(日)14:28:30 ID:Prb


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150104-00010000-fullcount-base

    就任4年目の中畑監督、「4番筒香」で悲願のCS初進出なるか

     2015年、横浜DeNAの中畑清監督は4年目のシーズンを迎える。年々、白星は増え、今季は初のCS進出を視野に入れる。

     その夢も十分に実現可能な状況になった。

     先発ローテは例年以上に駒が揃い、ここにドラフト1位右腕の山崎康晃(亜細亜大)やオリックス戦力外から獲得した東野峻らがどこまで台頭してくるか。

     だが、監督自身、一番の注目と期待を注ぐのは「4番打者」だ。4年目にして理想に描いていた構想が現実となる時が来た。助っ人ではない、日本人選手のシーズンを通した4番起用である。

     筒香嘉智に任せたい――。中畑監督は「『4番は筒香。お前だ!』と言いたい。自覚を与えたい。ポジションを与えたいと思っている」とこのオフ、構想を明かし、奮起を促したのだった。

    相手の脅威となり得るDeNAのクリーンアップ

     監督になった1年目の2012年の4番にはラミレスが129試合。翌2013年はブランコが131試合。昨年はブランコが71試合、筒香が39試合を打った。毎年、助っ人外国人が4番を務めてきた中畑DeNA。
    監督自身も巨人軍で4番を打った経験もあり、その聖域がもたらす打者の成長を知っている。
    だからこそシーズン中から「4番というのは打たないといけないバッターがいる。そういうつもりで本人も目指してきていると思う」と言い続けてきた。

     筒香は昨年、ブランコや中村紀洋の離脱で4番に座ることができた。途中、けがで戦列を離れて、114試合の出場にとどまったが規定打席には到達。
    打率.300、22本塁打、77打点。得点圏打率は.416。勝負強さを見せつけるシーズンとなった。

     ブランコは退団し、オリックスへ移籍。残留したグリエルには3番を任せる方針で、5番には巨人から移籍のホセ・ロペス。3番から5番で右打者・左打者・右打者。相手先発が左右どちらできても脅威を与えることのできる理想的なクリーンアップを形成する。

     球団では近年、日本人打者が1シーズンで4番に最も長く座ったのは2011年の村田修一の144試合。村田が巨人に移籍した後、チームを支える強打者として筒香は鍛えられ、成長してきた。今年はその才能を存分に発揮するシーズンになると中畑監督も期待している。
    アメリカでオフの自主トレに励む若き主砲は、チームを目標であるCS進出へ押し上げることができるか。


    引用元: DeNA中畑監督、「4番筒香」明言でセ界屈指のクリーンアップへ 4年目の結実なるか

    【DeNA中畑監督、「4番筒香」明言でセ界屈指のクリーンアップへ 4年目の結実なるか】の続きを読む



    このページのトップヘ