満腹ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ なんJまとめブログ

    2018年07月

    1: 名無しさん 2018/07/13(金) 13:21:57.30 ID:XHauBDp10

    1000万 .208 2本 20打点 OPS.493
    1600万 .294 1本 38打点 OPS.665
    4300万 .262 2本 50打点 OPS.662
    7300万 今季フル出場なら1億だったはず


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531455717/

    【【悲報】 倉本寿彦さん、年俸1億円プレーヤーの夢を大和に阻止されてしまう 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/07/12(木) 06:23:13.41 ID:qzYgDWaV0

    まぁまぁいそう
    言っても若いうちからそこそこ一軍の試合に出てた捕手な訳だし
    伊藤の方が良い選手だって客観的な見方除けばショックな奴いるんじゃないの


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531344193/

    【横浜ファンで高城のトレードがショックだった奴 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/07/11(水) 06:27:19.42 ID:sABxa7L60

    1(中) 桑原
    2(右) 梶谷
    3(一) ロペス
    4(左) 筒香
    5(三) 宮崎
    6(ニ) ソト
    7(捕) 伊藤
    8(投)
    9(遊) 柴田

    代打
    神里、佐野、楠本、倉本、中川、ウィーランド など

    ローテーション
    東、井納、濱口、今永、ウィーランド、石田

    ブルペン
    山崎、パットン
    三嶋、三上、砂田
    加賀、中後、国吉


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1531258039/

    【【朗報】後半戦の横浜DeNA打線が強すぎる件について 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/07/05(木) 02:05:27.77 ID:b7tmfAxh0

     DeNAは5-4の9回に戸柱恭孝の3点適時二塁打が飛び出し、終わって見れば巨人に8-4で勝利したが、試合中盤にチグハグな攻撃が目立った。

     5-2の6回は一死一塁の場面で、制球に苦しむ巨人・3番手アダメスから石川雄洋が四球を選んだが、桑原将志の打席中に盗塁を試みるも失敗。
    4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は「ストライクが入らないで苦労しているところをね。これはないですね」とバッサリ。

     続く7回も無死一、二塁の好機を作るも、乙坂智が右飛、佐野恵太が二飛、ウィーランドが一ゴロに倒れ無得点。
    するとその裏から捕手・嶺井に代打を送ったこともあり、戸柱がマスクを被った。この交代に佐々木氏は「キャッチャーが代わったんですよね。
    スタートから組んでいるキャッチャーから代わるのはピッチャーは好きじゃないんですよ」と話した通り、先発・ウィーランドは阿部慎之助に2点適時打を浴びた。

     1点差に迫られた8回も先頭の石川雄洋が四球で出塁。続く桑原が空振り三振に倒れると、柴田竜拓の初球に石川が盗塁するも失敗。
    佐々木氏は石川の盗塁失敗に「桑原に送らせればいいんですよ。勝っているチームが無理するところじゃない。
    勝っているチームがこういうことをやっちゃいけないんですよ」と指摘。柴田が二ゴロに打ち取られ、この回も無得点に終わった。

     9回に戸柱が試合を決定づける適時打で勝利したが、試合中盤は投打ともにやや精彩を欠いた印象。
    佐々木氏は試合中に「ベイスターズの野球を見て、優勝はクエスチョンマークがつきますよね。カープの野球と全然違いますよね。]
    しっかり勝ち切るというか、隙を与えない野球をして欲しいなと思うんですけどね」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00158037-baseballk-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1530723927/

    【【悲報】大魔神佐々木「DeNAの野球を見ると優勝はクエスチョンマークがつく。カープと全然違う」 】の続きを読む



    このページのトップヘ