満腹ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ なんJまとめブログ

    倉本寿彦

    1: 名無しさん 2017/12/05(火) 20:42:58.06 ID:DRy7t3EzH

    今季全143試合に遊撃で先発したDeNA倉本寿彦内野手(26)が5日、契約更改交渉を行い、3000万円アップの7300万円でサインした。

    序盤はなかなか調子が上がらず、自らスタメン落ちをラミレス監督に直訴することも考えたが
    「信じて使い続けるから」と言われて調子を取り戻した。
    「監督から『どう始まるかじゃなくて、どう終わるかだ』と言われてきて、それを体現できたかなとは思います」と話した。

    来季は阪神からFA加入した大和がポジション争いに加わるが
    「優勝を狙うためには必要な戦力。自分は他の選手どうこうではなく、自信をもって(遊撃を)やっていきたい」と話した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00070116-nksports-base


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512474178/

    【【朗報】倉本、スタメン落ちを直訴していた 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/12/01(金) 12:55:30.66 ID:VeT1wfEW0

    <2>用兵の充実

     野手の層が薄い。編成の責任者として申し訳ない。(全試合出場の)倉本と桑原は前半ひどかったが、使い続けざるを得なかった。筒香クラスが少々打てなくても固定は理解できるが、そこまでいってない。レギュラーを争える選手の競争がないと。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00066177-nksports-base


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512100530/

    【【朗報】高田GMが不調時でも倉本を使い続けたのは編成の責任であると明言 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/10/21(土) 14:41:37.76 ID:0EPxIxSJ0

    no title


    鳥越:横軸が「打率」で、縦軸が「得点圏打率」です。9月21日時点の規定打席到達者の成績をすべてプロットしてあります。斜めの線は、ふたつが同率のラインですね。

    カネシゲ:なるほど。このライン上にいる選手は打率と得点圏打率が同じってことですね。

    鳥越:はい。斜めのラインより上の選手は得点圏打率のほうが高く、いわゆる“チャンスに強い”というイメージになるかと。逆にラインより下の人は “チャンスに弱い”となります。そして、「打率に対して得点圏打率の比が多い人がチャンスに強い」と言えるわけです。

    カネシゲ:うーん、つまり「得点圏打率÷打率」が「1」を越えていれば「チャンスに強いバッター」と言えるってことですね?

    鳥越:その通りです。さっきの相関図でいえば斜めのラインから上に大きく離れている選手ほど「1」より大きい数字になり、すなわち「チャンスに強い」と言えるわけです。ということで、得点圏打率を打率で割ってみると……。

    no title


    カネシゲ:なんと、倉本寿彦(DeNA)が一番高いんですね! ベイスターズファンとしてうれしいです。

    鳥越:通常の打率より1.3倍も高いですからね。明らかに得点圏の場面で勝負強いと言えるでしょう。そして源田はここでもパの2位に入ってきています。打率は2割6分6厘ですが得点圏だと3割4分2厘に跳ね上がるので、比は高くなりますね。


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508564497/

    【T-倉本 プロ野球で一番勝負強いバッターだったwwwwwwwwwww 】の続きを読む



    このページのトップヘ